プロフィール

Capt.Nemo

Author:Capt.Nemo

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

潮汐

FC2カウンター

Capt.Nemoへメール

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊東へ(その6)

携帯の電波が通じるのでNボートさんに一報。とりあえずは走っていることを伝える。今日は日曜日であり三崎の船具屋さんも閉まっているであろうとのこと。まずは三崎まで走っているようにとのこと。あまりVベルトは在庫で持っていないものであるとのこと。昔は車でもファンベルトがよく切れたのでスタンドなんかにも数種類あったんだけどなぁ。最近のクルマなんかではファンベルトが鳴くなんてのも聞かないもんなぁ。いずれにしても我慢我慢。5ノット程度で進むと航路を横切るときなんかはホント気をつかうもんですね。ヨットの方たちはいつも大変なんだなぁと思います。左前方に見えていた江ノ島が左正横となり後ろに過ぎていくことの時間のかかることかかること。途中オルタネーターからの充電が安心できる量とは思えないため、GPSの電源も切り気分転換にたまにステレオのFMをつける。湘南の波情報をやっていたが、くるぶし程度とサーファーにはつらい波情報。そりゃそうだろうなぁ、ここでこれだもん。それでも今日は日曜日とあってヨットは昨日とは比較にならない位たくさんでている。
ゆっくりとした時間の中で色々なことを考える。やはりベルトが切れたのは出発前にテンションをかけたことだろう。ベルトが鳴いていた時点で交換すべきであった。おそらく十分に減ってしまっていたのではないか。それにしてもエマージェンシーベルトを積んでいてよかった。仮にVベルトを積んでいたとしても交換するためには、パワステベルトをはずし、海水ホースを外さなければならず、やはり揺れのある洋上では困難であったと思う。また一緒にいたのがまっちんで本当によかったと話した。あわてず、騒がず、サポートしてくれて本当に助かった。
1400三崎着。三崎石油で給油。燃料をいれてもらったとたんに吹き返している。20リッター?あのぉ伊東から走ってきたんですけど。「だって見てみなよ、ほら」。確かに給油口の口まで来ている。へぇー、そんなもんなだね。ビックリ。そそくさとうらり前の岸壁に向かう。洋上よりも逆にこういったところのほうが気を使う。ここでベルトが外れたら大変だ。連休中ということもあり大分混んだ様子。係りのおじさんの話によればようやく空いてきたところらしい。1430着岸完了。まずは昼食をとりに出かける。ちりとてちんさんにお邪魔しておいしくいただきながら、「一番近いホームセンターはどこ?」とたずねると「横須賀ですね。でも今日は道路がすごく混んでいるようですよ」とのこと。やはりうらり前で一泊してNさんに宅急便で送ってもらうか?食事が終わってからもこのままゆっくり帰るか、一泊するか迷ったまま。それでは汗を流そうということで銭湯にgo!高野湯さんに到着。これまたシブイねぇ。おかみさん、時間ですよ!っていう感じ。さっぱりしてもまだ決まらない。ふらふら歩いて戻ると大型艇が接岸場所を探している様子。「泊まりですかぁ?」「帰りまーす」という勢いで三崎を発した。1720のことでした。

スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。